読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シベ鉄ロシア旅0日目:準備など

旅行

シベリア鉄道がおりてきた

11月に鉄道の旅について絵の展示をすることになり、わたしはモチーフとなる列車や路線を探していた。個人的なテーマに一番合致しているのは夜行列車だけど、JRの夜行列車廃止のニュースを相次いで聞いていて、もはや日本の長距離列車に興味がわかず、じゃあ長距離長大路線って言ったら…という単純な連想ゲームでうっかり「シベリア鉄道」を検索してしまった。そしたらめちゃくちゃ面白そうなのである。なので思い切って乗りに行くことにした。会社員なので7泊8日かかるウラジオストク-モスクワ間ほぼ完乗は無理だけど、途中下車すれば3泊4日の乗車などでもいけるようなので、勢いで航空券を予約してしまった。費用の関係で、シベリア鉄道はモスクワ→イルクーツクという東行きのコースとなった。

鉄道チケットはロシア鉄道のwebサイトでゲットした。(日本語ならRussian Trainsが見やすいがロシア鉄道サイトよりちょっと高い)一時期はクレジットカード決済ができなかったようだが、現在では日本のカード、VISAで問題なく決済できる。アカウントを新規登録する際に、個人情報は厳密に保護されないよ?みたいな脅し文句が出るが、おそらくロシアの場合、ネット上の個人情報は国家的に利用されまくっている予感しかしないので、諦めてスルーした(念のためクレカは小額決済用のデビットカードにしてるけども)。。
ちなみに座席はプラッツカルタと呼ばれる、一番安い3等寝台、いわゆる開放寝台にした。日本の代理店に取ってもらうと、防犯などの理由から3等は取ってもらえないようだ。

準備と必要なもの

日本人のロシア旅行を困難にしているものの一つに、ビザがある。2016年9月時点で、ビザがないとロシアには入国できない。しかも、観光ビザの取得時に、滞在日・日程・現地滞在先を記載した「バウチャー」と呼ばれる書類が必要なのだ。これは滞在先に発行してもらうものであるため、自由旅行は基本的にできないことになっており、通常は旅行代理店やツアーから申し込むようだ。

しかしながらネットで調べてみると、「空バウチャー」なるものを発行してくれる現地旅行代理店があり、そこでバウチャーを発行してもらえば実際の滞在先に発行してもらわなくても大丈夫なようなのだ。色々調べた結果、自力申請した人が皆使っていたTravelRussia.suというサイトで必要事項を入力し599RUB支払うと、確かにあっけなくバウチャーが PDFで生成された。(滞在先・日程は仮のものにしておいて、実際はその通りに動かなくてもOKみたいなのだけど、わたしは念のため先に宿泊先を決め、実際の行程で申請している。)

このバウチャーに記載されている内容を元に、ロシア大使館のwebサイトからビザ申請申込みを行い、出力した申請用紙とパスポートを握りしめ、会社の休みを取って、神谷町のロシア大使館に出向く。現地はものものしい雰囲気だった。大使館の四方を警察車両が取り囲み、ビザ申請に並ぶ人々を警察官がじっと見つめている。なんだかとんでもないところに行くような雰囲気だ。建物内部もなんだか薄暗くて、無機質な四角い空間に窓口が2個あるだけだ。写真貼り付け用のスティック糊は2個あったがどちらも中身がからだった。窓口のキリル文字がすでに読めない。周りの代理店らしき人々に紛れてよくわからないなりに書類を差し出すと、金髪碧眼のお兄さんがにこりともせず受け付けてくれた。日本語で急ぎでないか聞かれ、約2週間でできあがる通常コース(無料)にした。そのまま帰ろうとしたが呼び止められ、薄くて黄色い紙を渡される。これが引き換え証みたいだ。ロシア人、怒ってるように見えるけどそうでもない…のかな。

帰り道、書店に寄って、ロシアのガイドブックが事実上、「地球の歩き方」しかないことにびっくりした。(モスクワ・サンクトペテルブルクだけなら「るるぶ」があるけど)

2週間後のビザ受取りではおばちゃんに無言でパスポートを渡される。ビザ申請の内容に間違いがないかチェックし、写真がついてないので聞くとそれで大丈夫という、本当なのか。モスクワの空港の入国審査でダメって言われたらいやだなあ…。(※大丈夫でした)

怖いやめたいでも行きたい

改めて外務省の海外安全情報サイトで ロシアを見ると、ものすごく怖い国みたいに書いてある。テロはあるし、治安は悪いし、チェチェンとは紛争しているし。なんだかとんでもないことをしようとしている気がしてきて、行きたくなくなってきた。でも往路航空券はキャンセル不可だし、ビザやバウチャーを発行してから中止にしていいかもわからない。不安な気持ちを抱えながらもさらにネットで調べてみたら、なんだか現地滞在の人や旅行者はわりと普通のテンションでいるようだ。まあ気をつけていれば普通に旅行はできなくないかも??と思って、出発までにロシア国内でテロが起きたら中止するということにし、準備は進めることにした。

いよいよ、ロシアがわからない。あんなに近い国なのに。でも明らかな危険地帯などで行くだけで迷惑をかけてしまう場所でもない限り、テロの発生可能性を理由として旅行を止めることはしたくなかった。それこそが、テロリストたちの思うツボなのではないだろうか。グローバリゼーションの断絶、多様性の否定。外から見て、いくらよくわからない国だったとしても、その地で普通に生活が営まれ続けている限り、そこにはいろんな人がいて、行く価値がないところなどないのではないかと個人的に思っているからでもある。